シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷とは、ナイロン・テトロンなどの繊維あるいはステンレススチールの針金などで織ったスクリーンの上にインクを乗せ、必要の無い所を乳剤で隠し印刷したい所をスキージでこすり印刷物の上にインクを落とす方法です。 多色印刷なら前の色が乾いてから次の色をという風に色数だけこすります。
 
シルクスクリーン印刷では、スクリーンの目を利用 します。まず、スクリーンを枠に張り、四方を引っ張り緊張させて固定し、その上に版膜(レジスト)を作って必要な画線以外の目を塞ぎ版を作ります。
次に、枠内にインクを入れ、スキージと呼ぶヘラ状のゴム板でスクリーンの内面をこすります。
するとインクは版膜のない部分のスクリーンを透過して版の下に置かれた素材に押し出されて印刷が行われるという仕組みです。
スクリーン印刷はよく、空気と水以外なら印刷できるといわれますが、ガラス、プラスチック、合成樹脂、金属、布等、ほとんどどのような素材にも印刷ができるので紙以外に印刷する必要がある場合によく利用 されています。
また、平面でなく曲面や起伏のあるものにも印刷できるのが大きな特徴です。

・ポスター、ステッカー、看板、POP、ディスプレイ、旗、標識、文房具、カバン、Tシャツ、漆器、陶磁器、 ガラス器、シールなど

レギュラープリント

  • 色数だけ版代が必要です。
  • イラスト、文字を綿素材、ポリエステルにプリントできます。
  • プリント面積の大きいものが刺繍等に比べ割安にできます。(ロットの多いもの)
  • 裏地のあるものは、1色のみとなります。(デザインにより多色も可能)
  • ドライクリーニング不可
  • 特殊プリント

    撥水プリント
    ・色数だけ版代が必要です。
    ・撥水素材のプリントに適しており、非常に耐久性があります。
    (ドライクリーニング可)
    ・裏地がある場合は1色のみとなります。
    (デザインにより多色も可)
    ・濃色の生地には、白ベースをプリントする場合があります。

    発泡プリント
    ・色数だけ版代が必要です。
    ・プリント部分が膨らみ立体感があります。
    ・綿素材、ポリエステルにプリントできます。
    ・細かい文字や網点の表現にはあまり適しません。
    ・裏地がある場合には1色のみとなります。
    (デザインにより多色も可能)
    ・ドライクリーニングは不可です。
    ・発泡インクを混ぜ込む為、仕上がりが若干白っぽくなります。

    反射プリント
    ・夜間、車のライト等に反射するプリントです。
    ・基本的に1色ですが、他のプリントと合わせる事もできます。
    ・ドライクリーニング不可

    蓄光プリント
    光を吸収し、暗い場所で発光する性質を持ったインクです。通常インクの上に半透明の蓄光インクを重ねて使用します。

    ラバープリント
    ・夜間、車のライト等に反射するプリントです。
    ・基本的に1色ですが、他のプリントと合わせる事もできます。
    ・ドライクリーニング不可

    箔プリント
    特殊なインクを使用し、カラー箔をプリント部分に圧着させる加工です。

    ひび割れプリント
    プリント部分をあえてひび割れさせさせ仕上げる加工です。ヴィンテージTシャツの様な風合いを楽しむことができます。

    リフレクタープリント
    ・夜間、車のライト等に反射するプリントです。
    ・基本的に1色ですが、他のプリントと合わせる事もできます。
    ・ドライクリーニング不可

    フロッキープリント
    細かい繊維を生地に付着させフェルトの様な手触りのプリントに仕上げる加工です。立体感のある仕上がりとなります。
    ・1色プリントのみ可能です

    染抜プリント
    特殊な薬剤を使用し、プリントした部分だけ色を抜いてしまう手法です。インクがのる訳ではないので生地の手触りがそのまま残ります。色を抜くと同時に着色する着抜手法や通常のラバーインクとの併用も可能です。

    転写プリント

    転写プリントイメージ
    ・小さいもの(社名等の名入れ)に適しており、1シートの中に多く丁付けすると低価格で製作出来ます。
    ・写真、イラスト等を綿素材、ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン等に転写できます。
    ・撥水素材については、素材により強度が異なりますので、試験が必要です。
    ・裏地があっても転写可能です。
    ・ドライクリーニング可